カメラで遊ぶ日。

c0282942_2059205.jpg

早咲きのサクラとウグイスの鳴き声。

c0282942_2145733.jpg

朝市で豆大福と豆乳を購入して、早朝の墓地へ。

c0282942_20581162.jpg

霞む、猿島。


カメラを持って独りで出掛けるなんて、いったいどれくらいぶりだろう。
アナログ一眼レフカメラはどこに行くにも持ち歩き、随分撮ったものだった。時代がデジタルになり、愛用のカメラもしまい込んだまま、気づけば20年もたってしまっていた。
数年前、お歳暮代わりに貰ったデジタル一眼レフもほとんど使うことなく、うっすらと誇りをかぶり、写真に携わるのは仕事のみとなっていたことにも気づきもしなかった。

仕事がら、オシャレでキレイな写真を創ることはたやすいが、観ていて「イイ写真だなあ」と思えるものは、普段通り過ぎていくビジュアルの中には少ないのではないだろうか。「観たい」と思い、「撮りたい」と思ってようやく眼にすることが出来るのかもしれない。「撮りたい」は、なかなか思うようにはならないけれど。

「イイ写真」に出逢い、「撮る」ことの楽しさをしみじみ思い出している。
[PR]
by grovegrove | 2013-03-11 21:29
←menuへ